出産後に馬油で妊娠線ケアした話

出産後に馬油で妊娠線ケアした話

 

 

 

わたしは二人目の妊娠の時に、体重が15キロ増加しました。

 

 

そのせいか一人目の時には、まったくできなかった妊娠線が出来てしまったのです。

 

 

妊娠6か月目くらいから皮膚のかゆみが強くなり、これは妊娠線や肉割れができるかもと心配でケアクリームを使用していました。

 

 

しかし、私の不安は見事に当たり、あまり鏡で見ることが無かった下腹部から妊娠線が出来てきたのです。

 

 

すっかり油断していたのでしょう。

 

 

一人目の時にできなかったから大丈夫だと過信もあったと思います。

 

 

そして、できてしまったものはしょうがない。

 

 

これ以上出来ないようにとケアクリームを使用していました。

 

 

それを出産前まで続けていましたが、通っている産婦人科で、出来てしまった妊娠線に対しては産後のマッサージで解消できると指摘を受けたので、

 

産後に頑張ることにして出産前は通常通りのケアクリームだけで過ごしていました。

 

 

 

 

そして出産の時を迎えました

私は予想外の帝王切開で出産することになったため、すごく戸惑ったことをおぼえています。

 

 

また、その時の切開傷が予想以上に痛くてビックリしました・・・・。

 

 

産後には、マッサージをしようと思っていましたが、触ることもままなりません。

 

 

そしてあまり刺激をするのも傷に良くないのではないか?と心配で、出産後1ヶ月くらいはあまり腹部に触れないようにしていました。

 

 

その間に、腹部は多少へこんできて、妊娠線はあまり目立たなくはなってきたのです。

 

 

あとは肌のハリを取り戻せたら、もう少し妊娠線を薄くできるかもしれないと思い、出産後の一カ月検診を終えてからマッサージを始めることにしました。

 

 

そのときに私が使用したのはクリームではなく、馬油です。

 

 

もとから使っていたから安心感があった

とても伸びが良く、するする皮膚になじんでいくので、肌への負担が少ないだろうと考えたのです。

 

 

また以前から馬油を使用していたので、その使用感が気に行っていました。

 

 

ちょうど冬場であったので全身の保湿にも使用でき、妊娠線ケアと同時に全身のケアにも使用することができました。

 

 

結局、少しずつ張りは戻り、今では妊娠線は目立たなくなってきています。

page top