妊娠線 原因

妊娠線とは

 

妊娠線は「肉割れ」と同じもので、その名のとおり、皮膚が割れたような状態のことを指します。

 

 

別の呼び方として「ストレッチマーク」「脂肪線」「皮膚線条」と呼ぶこともあります。

 

 

いずれもできてしまう仕組みは同じになります。

 

 

 

妊娠線のできる原因・きっかけ

 

気がついたときにはもう出来ていたということも多い妊娠線ができてしまう原因は、急な体型・体重の変化です。

 

 

妊娠線ができる場所として、二の腕・胸・お腹・お尻・太ももなどがあります。

 

 

この部位が急に大きくなり、その成長に皮膚の伸縮が追いつけなくなったときに、皮膚が割れる “肉割れ” が起こるのです。

 

 

人間の皮膚は、上から表皮・真皮・皮下組織という層で構成されています。

 

 

妊娠線は真皮にまで亀裂が入っている状態です。

 

 

皮膚は28日周期のターンオーバー(細胞組織の生まれ変わり)を繰り返します。

 

 

表皮はターンオーバーするので、浅い傷跡の場合は次第に薄くなっていくのですが・・・

 

 

真皮はなかなかターンオーバーしにくいと言われているのです。

 

 

これが「一度できた妊娠線は消すのが難しい」とされている理由です。

 

 

 

妊娠線の予防方法

 

一番の予防法は、急激に体型を変えないことです。

 

 

とは言え妊娠中の場合、簡単ではないのですが。

 

 

それでも、食べ過ぎや運動不足で必要以上に太りかけているなら生活習慣を改めて、それ以上体重を増やさないようにしましょう。

 

 

しかし、妊娠中の体型の変化は自分でコントロールできない面もあるため別の予防法が必要です。

 

 

それが「肌の乾燥を防ぐ」ということになります。

 

 

肌は十分に保湿されていれば伸縮性・柔軟性を増します。

 

 

体が成長する以上に伸びる状態を保つことができれば、皮膚が割れてしまうことを防ぐことができるようになります。

 

 

 

妊娠線を消す方法

 

すでに書いたように「一度できた妊娠線は消すのが難しい」というのが実際のところです。

 

 

ですから、対策としては予防することが第一になります。

 

 

それでも出来てしまった場合、できる限り薄くしたいという場合には、地道なスキンケアが必要になってきます。

 

 

真皮の再生にまで働きかけてくれる、マタニティマーク専用のクリームでじっくりとケアしていくことが大切です。

 

 

妊娠線を治すクリームランキング